徒然なるままな音楽記と日常におこった出来事。


by un-air
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Merry Christmas!

メリークリスマス!世間は(カップル限定)賑わってますがこっちは仕事です(笑)今日は早く上がることができ、家に帰って久々にテレビを付けたら…

すげ~よっ!これ民放かよ!?

ってなアーティストが出てました。



その名も"デビット・サンボーン"。いやー、びっくりした、一瞬MTVかと思いましたよ。トリオでの参戦でしたが気持ちよかったです。ちなみに番組は「HAPPY Xmas SHOW! 今宵限りの音楽ワンダーランド!!2004 」で、さんまさんの司会…というかさんまさんの番組って感じで。さらにびっくりしたのが当てブリ一切無し!ゴールデンタイムで生演奏、しかもバックバンドのセレクトも非常に良くてテレビ侮れんなと思ったりしました。DeamsComeTrueはイクスピアリからの中継で、実は以前イクスピアリ企画担当の方からクリスマスにDCTが面白いことやりに来るから期待しててね~って教えてもらったんですけどこの事だったんですね、生で見たかったな~。

さて、recommendに書く気力が最近無いのでこっちで少しリコメンドしようかなと。

■野崎良太 - PIECE OF MIND
 Jazztronikの野崎氏のソロアルバム。ボイシングが物凄く綺麗で、それでいてノスタルジックな感じ。ただの癒し系とは違うけど、音楽の中に気持ちが宿ってるなと思わされる1枚。

■木村カエラ - KAELA
 珍しく新譜の紹介。この木村カエラさん、最初は「あー良くある売れ線単発か」と思ってましたがどうやら違う予感。一曲目の「untie(album take)」からもう最高!バックバンドもしっかりしていて彼女の元気を濃縮したそんなアルバム、ノリノリになりたいときにお勧め!

■Steely Dan - Los Angels 1974(BOOTLEG)
 普通には売っていない所謂お宝物。ロスのスタジオで行なわれたミニライブを収録したもののようでライブならではのSteely Danの大人の妖しい空気感(これはビデオなりでも見た人なら分かってくれるはず!)が存分に味わえる1枚です。録音状態も30年前にしては良好な部類でしょう。
[PR]
by un-air | 2004-12-26 03:38 | 音楽