徒然なるままな音楽記と日常におこった出来事。


by un-air
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

4年間

 大学の学園祭実行委員会の追いコンでした。久しぶりの先輩も数多くいて、なんか心が和む。ほんとに心が落ち着ける場所、そんな感じかなぁ。それだけ色んな感情を共にしてきたメンバー。今日は仕事の話も抜きだし、純粋に色んな話が出来た。みんな口をそろえて「あっという間だったよね」と言う。この前高校を卒業したかと思えばもう3年目か。いや、これから3年目、折り返し地点。慎重に進もうなんて考えちゃいない、先の事は先の自分が考えるよね。
[PR]
# by un-air | 2005-03-20 05:06 | 日記

RUIDO K2ライブ

 Anodyneの月例ライブ。今日は渋谷のRUIDO K2。

 ハコの構造が良いなぁ、天井が高くて2階もある。何よりも照明が綺麗!ムービングライトが6機も設置してある。照明さんのセンスも素敵。写真を真面目に撮ろうと思ってから色んなところの照明に目が行くようになった。街のいたるところにある照明が芸術品に見えてきて結構楽しい。光が綺麗なお店には思わずもう一度行きたくなる。

 音は普通。普通っていう言葉は大嫌いだけど。特に傑出したところはない。低域の処理が甘かったくらい。今日は一音一音大事に「届けー!」って演奏してみた。実際ドラムの音抜けは良かったそうだ(笑)…でもそういう届けじゃないぞ、うん。

続きを読む
[PR]
# by un-air | 2005-03-18 03:12 | 日記

そうだった

明日はAnodyneのライブです!

3月17日 渋谷RUIDO K2 18:00 Start.
Charge ¥2,000 + drink

イベントのホームページはこちら

TOKYO IMPACT 2dayの最終公演、あっつーいライブをお届けします!
Anodyneも気合を入れていくのでお楽しみに!
[PR]
# by un-air | 2005-03-16 21:21 | 音楽活動

水面下進行中!


 前から予告していた新プロジェクトの方が着々と進行中。コンセプトデザイン・ラフデザインを経て今はインターフェイスの構築中。音楽制作コンテンツは勿論、写真の見せ方にも徹底的にこだわっているのでお楽しみに。

 昔からそうだけど自分のサイトはリニューアルが非常に多い。写真がそうであるように、ウェブサイトも自分の創作意欲の捌け口のひとつでしかないからかもね。今回はユーザビリティとデザイン性の融合を根底に、楽しめるアートがテーマです。FlashからMySQL・XMLまでありとあらゆるものを縦横無尽に使いつつ裏方に徹してもらう。単なる技術的志向の自己満足作品にならないように。

 自分のサイトにここまで時間つぎ込んでいるのも久しぶりなので楽しい~!!!!
[PR]
# by un-air | 2005-03-14 03:04 | 日記

音楽的懐の広さ


 「懐が広い」人にしばし合うが、どの人も素晴らしい人ばかりである。私が、"まず粗を探す"ことから入るタイプの人間であるからなお更そう感じるのかもしれないが、表向きに対して肝要でいられる様に努めている今の自分から見ても、大きな違いを感じる事が多い。またそういう人の近くには色々な人が群がる。

 今まで会った懐の広い人は、大まかに分けてしまうと、相手の判断に委ねることに依存しているタイプ(受動的なタイプ)と、自分の経験値から相手に同情できるタイプ(能動的なタイプ)の2パターンだと考える。この場合真意に懐が広いのがどちらか、と問われれば私は後者を選ぶ。

 さて、自分の経験値を元に懐を広げられる、という考えは音楽にも当てはまるものではないだろうか。素晴らしいミュージシャンが作り出す、独創性や、タッチやトーン、ダイナミクスを受け止められるのはそれを経験したもののみである、という考え方だ。しかしそんなことを言い切ってしまうと、音楽を演奏しない者全てがそれらの嗜好性の強い音楽を受け止められない、と極論的理解をされかねない。ここで言う経験とは、それが絶対的なものであれ(主体的演奏経験に基づくもの)、相対的なものであれ(他人の演奏を多く見聞きすることによって形成される価値観に基づくもの)、同じ経験である。結局は「場数が物を言う」という言葉に尽きてしまう。

 しばらく聞いていなかった作品がまったく違って聞こえる事を感じた方は少なくないだろう。それは、自己の経験値が積み重なったことによって視野、あるいはその理解深度が増したからであることはもはや言うまでもない。受動的な懐の広さでは太刀打ちできない、それが「音楽的懐の広さ」という訳だ。
[PR]
# by un-air | 2005-03-12 02:55 | コラム

ぶらりと原宿


■東京・原宿 D70 + SIGMA 18-50mm

 所用で渋谷に来て、大学にも寄って、就活してる先輩に沢山会って、そのまま帰るのもやだしカメラ持ってるし、原宿行こうと思って、何も考えずにぶらりと。

続きを読む
[PR]
# by un-air | 2005-03-09 03:17 | 写真

カットウ

 将来について考えないといけない時期ってのは必ずくると誰もが言うけど、今まさしくブツカッテイル。そんな今日この頃。

続きを読む
[PR]
# by un-air | 2005-03-08 01:48 | 日記

音楽を探す

 自分の一番苦手な質問は「好きなアーティストは?」だ。理由は好きな人だらけだから。その質問に自身をもって1つ2つのアーティストを挙げられる人は羨ましい。それだけそのアーティストを深く愛しているんだろうなと思う。こんな簡単な質問に戸惑う自分がもどかしくて、躍起になって書きたくったことがある。100個以上の名前を書いたところで、自分のしている行動の無意味さに気づいた。

続きを読む...
[PR]
# by un-air | 2005-03-05 01:02 | コラム

雛祭



日本の心を忘れかけてるなんてよく言われるけど、雛祭に雛壇飾っちゃうんだからやっぱり日本人だよね。

More...
[PR]
# by un-air | 2005-03-04 01:11 | 写真

 男がaiko~!?なんて言われちゃいそうだけど、歌詞の世界がとにかく好き。というか自分の目指してる歌心の理想系なんだよなぁ。1300枚くらいアルバムを聴いてきたけど、その中では間違いなくTOP20に入る名盤です。ほんっと久しぶりにノックアウトされました。ミュージシャンも最高!曲をリスペクトしてるのが凄く良く伝わってきます。
 aikoの作品って不思議なもので、初期のアルバムから順番に聞いていかないと分からない良さがある。音符に分解したらとんでもないコード進行やスケール完全無視のメロディっていうハチャメチャな部分があるのにとにかく凄い。
 もうリアルにノックアウトされちゃってるんでまともなレビュー書けません!!!聴いてください!!以上!!!!
[PR]
# by un-air | 2005-03-03 02:23 | 音楽


今日は下北沢CAVE-BEでライブって事で演奏してまいりました~。
下北沢の中ではそこそこキャパはある感じ。でもPA面でやや不満がのこる、というかリハーサルで散々指摘したにもかかわらずステージにローが回っていてモニターの意味無し(笑)特にハコ自体が反響が多いから演奏はしずらかったな…音の洪水から正しい音を聞き分ける耳を持てってことですかね?

それでも一言申したい!PAを舐めるなと。マイクの指向性も考えずに適当にマイキングしてくアシスタントや、「バスドラのローが回ってます」と指摘したにもかかわらず「バスドラのアタック返せば聞き取りやすくなりますよ」なんて平気で言うハウスPA、なぜバスドラの奥まで突っ込んだマイキングに先に目が行かないのか。バスドラの中に平行にマイキングした場合定常波を拾ってしまうのは基本でしょ?ましてリハーサル時の状態を本番でリコールできてないなんて論外。お金とってやってるんだからもう少しプロ意識持ってもらいたい。演奏者は一般に思われている以上に自分を取り巻く環境すべてに神経張り巡らしているんだから。
[PR]
# by un-air | 2005-02-25 00:37 | 音楽活動

執筆中。

明日はanodyneのライブ。久々の下北沢ライブだから楽しみだなぁ。
キャパもそこそこあるからガツンと演奏してきます。
来れる方是非!

音楽サイトの方の執筆を続けてますがなかなか時間がとれずに進まない…
とりあえず複合サイトを目指してるせいもあってコンテンツ量が半端じゃないです。
それに加えてWEBシステムの新しい試みもしてみたいので勉強もしないとだし。
ドメインは近く申請します。

それにしても最近BBS自体だんだんなくなってきたよななぁと思う。
新しいコミュニティのあり方を考えないとなあと思う今日この頃。
mixiとか登録はしてるけどあんま使いこなせて無かったりで、今度コミュニティとかにも登録してみようかなと。Blogなんかはもともとこういうスタイルが好きだったから自分的にはフィットしてて使いやすい。
ソーシャルネットワークコミュニティにしてもBLOGにしても、相互関係がポイントか。

そんなことを考えた一日。
[PR]
# by un-air | 2005-02-24 00:51 | 日記

MAKOTO

見てきました!

内容は…見てのお楽しみって事で。話自体結構好きです。君塚さんらしさが出てて。配役は東山さんヒット!女性陣は雰囲気が似た人が多すぎてちょっと微妙だったかも…。和久井さんは言葉数少ないのに訴えてくるような表情、素敵です、凄い。

普通のレビューじゃつまらないので個人的にクローズアップしたいのが「MAKOTO」の絵作り。全体的に彩度が低いのに薄っぺらくなくて質感があるといった感じ、結構ツボでした。デジタルじゃ絶対できない。
この絵作りは君塚監督が「銀残し現像」を指定したことによるもので、念入りな下準備のもと、緻密に作り上げられたものであることが伺えます。

主題歌「夢の真ん中」(河口恭吾)いい曲だなぁ。
[PR]
# by un-air | 2005-02-22 01:25 | 日記

roppongi-2


■東京・六本木 D70 + SIGMA 18-50mm
[PR]
# by un-air | 2005-02-22 00:53 | 写真

いざ鎌倉へ!



クラスの友達と鎌倉へ!大仏はやっぱいいよね、癒しだよー。おみくじは「末吉」。周りの凶の多さにびびる。もう少しサービス魂炸裂してほしいよね…(笑)

続きを読む…
[PR]
# by un-air | 2005-02-19 23:34 | 写真